菅野美穂 おめでた



日曜夜9時から放送している「半沢直樹」が
視聴率も30%に到達するなど現在ブームですね。

「半沢直樹」の主人公役といえば堺雅人ですが、
妻である菅野美穂(2013年4月2日に結婚)が、
お互いに励ましあったりして、いい感じに陰で支えているのだとか。

WS000011

女優として有名な菅野美穂が妻というのもあって、
堺雅人のカリスマ性がより強くなっていることを考えると、
十分支えになっていますよね^^

ところで「半沢直樹」に菅野美穂がゲスト出演するかもという話が
出ているらしいです!
これが実現すれば、夢の夫婦共演が実現になりますが、
実は菅野美穂の妊娠も発覚して、
ゲスト出演は確実ではなさそうです。
2大びっくりニュースですね><b

もし共演が実現するならゲスト出演の内容は、
主人公・半沢が窮地に陥った際に融資を申し出る財閥の未亡人役の設定だそうで
半沢の今後の人生を左右する重要な役柄になるそうです。

出産は年明けの予定で、
菅野美穂の体調を優先して出演を決めるのだとか。

是非、出演して盛り上げてもらいたいですね!

菅野美穂に関するニュース一覧
菅野美穂 ドラマ「半沢直樹」出演と妊娠サプライズ発表
いずれにしろ、俳優として一気に脚光を浴び、アゲアゲな堺を陰で支えているのが、4月に入籍した女優の菅野美穂(35)だ。業界関係者の間では早くも“あげまん”と評判を呼んでいるのだが、実は、当初『半沢直樹』に夫婦共演のサプライズ企画 

女を病ませる「結婚してもらえない」問題、菅野美穂が用いた“プチ圧力”の
菅野美穂といえば、多くの人が思い浮かべるのは、SMAP・稲垣吾郎との交際だろう。2000年の交際発覚以降、12年まで繰り返し破局と復縁がうわさされてきたが、結局、結婚には至らなかった。「ジャニーズ事務所の圧力で、2人は結婚 

堺雅人 妻・菅野美穂実家で義母の手料理ご馳走になることも
今クールNo.1ドラマに躍り出た『半沢直樹』(TBS系)に主演し絶好調の堺雅人(39才)だが、菅野美穂(35才)との新婚生活も、双方の家族ぐるみで幸せに包まれている。 この春、菅野と母親がハワイ旅行に出かけた際、堺が合流したシーンを 

『半沢直樹』放送時 菅野美穂は堺雅人の弟のライブで熱視線
そんな理想的な夫婦のシーンは注目を集めているが、そこに、“半沢直樹”のリアル妻である菅野美穂(35才)との新婚生活を重ねている人も多いことだろう。しかし『半沢直樹』の第3話が放送されようとしていた、7月28日の夜、菅野は東京湾近く 

菅野美穂、里田まいの“嫁力” 男の出世、カギはやっぱり家庭にあり?
主役の堺雅人(39)を支えるのは新婚4カ月の妻・菅野美穂(35)。 「堺さんが安心して仕事に専念できるのは、菅野さんの、料理上手で明るい“嫁力”のおかげでしょう。先日も堺さんの弟のライブに堺さんのご両親と出かけたそうです。いまどき 

菅野美穂 好調「半沢直樹」を支える“あげまん”内助の功
の決めゼリフを持つ堺の演技もいいですが、好調の原因は公私にわたって“良き伴侶”を得たことです。“あげまん”と“内助の功”効果といわれています」(ドラマ制作関係者) まず“あげまん”といわれているのが、4月に堺と結婚した菅野美穂(35)。

菅野美穂“あげまん”ぶりに脚光! 夫・堺雅人の「半沢直樹」快進撃
俳優、堺雅人(39)が主演する、TBS系ドラマ「半沢直樹」が右肩上がりの高視聴率をたたき出している。ドラマの内容と並んで堺の芸達者ぶりにも注目が集まるが、好調を支えているのは4月に入籍した女優、菅野美穂(35)の“あげまん”ぶり 

「半沢直樹」高視聴率の裏に菅野美穂の“内助の功”
衣食に無頓着だったのが、4月に菅野美穂(35=写真)と結婚してから、パリッと様変わりしたんだとか。23日発売の「女性自身」が報じている。 菅野は、どんなに朝が早くても朝食をしっかり作って送り出し、自分の仕事はセーブして主婦業を 

35歳を過ぎれば熟女!? 過熱する美熟女ブームの新基準
一方、「SEXしたい美熟女タレント」は誰かを聞いたところ、菅野美穂を抑えてトップに立ったのが高岡早紀。 菅野美穂や永作博美のような年齢を感じさせない“かわいさ”か、高岡早紀や米倉涼子が持つ突出した“セクシーさ”か、はたまた吉瀬 

絶好調! 芸能界あげまん伝説
芸能界にはあげまん伝説が数々あるが、同じく「半沢直樹」で主演を務めている堺雅人と4月に結婚した菅野美穂もあげまんと言われている。 「菅野は入籍後、仕事をセーブし、堺のバックアップに努めている。どんなに忙しくても必ず朝食を作り、 

菅野美穂 おめでた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>